最新鋭の設備と優れた技術

ロボットラインシステム

ブランク加工ラインシステム

◆コイル加工は、薄い鋼板を円筒状に巻いたもの(コイル)を外周から巻きだし、その巻き癖をとって平坦にしたコイル材を製品にあわせて定寸送りする装置です。ブランク(抜き)加工が一般的でしたが、最近では1台のプレスで多工程の加工をするものが主流になってきています。生産数は毎分20個程度から、電線の端子の加工などでは毎分2,000個の生産が可能。オリイメック製コイルラインシステムは、最大で毎分400個の生産が可能です。

最先端技術ライン

◆弊社のロボットラインシステムは、プレス9台をL字に並べて(縦5台横4台)、そのプレス間のワークをオリイメック製のサーボロボットで搬送するラインです。
特徴としては、9台連続加工はもちろん可能ですが、その時のニーズに合わせてAライン(縦ライン)5台、Bライン(横ライン)4台を単独ラインで作業させることが可能です。